FD3S アンフィニRX-7 TypeRS-R

1997年10月発売〜

9710_p.gif



特別仕様車「アンフィニRX-7 TypeRS-R」



「タイプRS-R」は、ロータリーエンジン誕生30周年を記念した限定車。
「タイプRS」をベースに、走りの性能に重点をおいた「タイプRZ」の専用装備を採用して走行性能をさらに高めたもの。
限定台数500台。



<特別装備>
・ ビルシュタイン社製ダンパー、高性能タイヤを装着し、
  一段と優れた操縦安定性能を実現。

・ 安定した運転姿勢を保持するため、運転席には
  センターコンソール部に加えてドア側にも
  ニーパッド(ひざ当て)を装備。
  助手席にはアルミ製のフットレストボードを装備。

・ 外板色に専用のサンバーストイエロー(黄色)と
  人気色のブリリアントブラック(黒色)を採用するとともに、
  ガンメタリック塗装した専用のアルミホイールを採用。
  また専用デザインのメーターパネルも装備。

FD3S アンフィニRX-7 TypeRBバサーストX

1997年1月発売〜

9701_p.gif


特別仕様車「アンフィニRX-7 TypeRBバサーストX」



「タイプRBバサーストX」は、ベーシックな機種である「タイプRB」をもとに、
個性的な赤の本革シートを採用したもの。

外板色には人気色のシャストホワイトまたは
ブリリアントブラックの2色を用意し、
外板色と内装色のコントラストが特徴の限定車。

その他、フロントスポイラー、プロジェクターハロゲンフォグランプ、
フローティングリアウイング、リアワイパー、専用デカールを採用し、
上級機種と同レベルの装備内容としている。

限定台数700台。

FD3S アンフィニRX-7 マイナーチェンジ3rd

1996年1月発売〜

9601_p.gif


RX-7 3度目のマイナーチェンジ


今回のマイナーチェンジでは、これまでの好評点は継承しながら、
さらにマニュアルトランスミッション(MT)車の最高出力を
10馬力高める
ことなどにより、走行性能を一段と向上させた。

加えて、リアコンビネーションランプに丸型3連デザインを採用し、
外観を一部変更するとともに、運転席SRSエアバッグシステム
全車に装着可能とするなど、安全性能を高めた。




<機種体系の変更>

「タイプR-S」のエンジン出力向上、最終減速比の変更、
大型ディスクブレーキの採用などにより、走行性能や
安全性能を大幅に向上させ、機種名を「タイプRS」に変更。

「タイプRバサースト」を廃止し、ベーシックな機種「タイプRB」と、
充実した装備でお買い得な「タイプRBバサースト」を設定。


<走行性能の向上>

MT車の4機種では、これまでの13B型2ローター・ロータリーエンジン
吸気系を改良して、最高出力の向上を図るとともに、
高回転まで力強く回るエンジンとした。

エアインテークパイプの内径を大きくして吸気抵抗を低減した他、
シーケンシャルツインターボシステムの過給圧を上げることにより、
最高出力を10馬力アップさせ265ps/6500rpmとした。
これにより、タイプRZのパワーウェイトレシオが1馬力あたり4.72kgに。

タイプRSの最終減速比を4.100からタイプRZと同じ4.300に変更し、加速性能を向上。

タイプRZに採用している17インチ用大径ディスクブレーキをタイプRSに採用し、
ブレーキ性能を向上。
新開発の軽量アルミホイールをタイプRSに標準装着し、タイやの接地力を高めた。
さらに強化タイプのトルセンLSDの採用と合わせ、走行性能を向上。


<外装と内装の一部変更>

丸型3連デザインのリアコンビネーションランプを、全車に採用。
新デザインの5本スポークタイプ17インチアルミホイールを、タイプRSに標準装備。
2本ステイタイプの大型リアスポイラーを、タイプRBを除く全車に標準装備。
全車のインパネの照明色を、アンバー(オレンジ色)からグリーンに変更。




【スペック】

エンジン : 13B型<シーケンシャルツインターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 265ps / 6500rpm(MT車)
      255ps / 6500rpm(AT車)
最大トルク : 30.0kg-m / 5000rpm

全長(mm) 4280
全幅(mm) 1760
全高(mm) 1230
ホイールベース(mm) 2425
トレッド<前・後>(mm) 1460・1460
最小回転半径(m) 5.1
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン式
主ブレーキ  (前/後) ベンチレーティッドディスク




FD3S アンフィニRX-7 TypeR バサーストX

1995年7月発売〜

9507_p.gif



特別仕様車「アンフィニRX-7 TypeR バサーストX」



'95年2月に導入し、好評を得た「タイプRバサースト」をベースに、さらにスポーツカーにふさわしい装備を施したもの。
限定台数777台。


<特別装備>

従来のMOMO社製本革巻きステアリング、精悍なデザインの
2本ステイ大型リアウイングに加え、本革シート、
ガンメタリック色のアルミホイール、
グレーペンガラス、限定車ステッカー。

外板色は白、黒、赤の3色を設定し、本革シート色は
外板色の白と黒には赤、外板色の赤には黒とすることにより
ファッション性の高い鮮やかで美しいコントラストになっている点が特徴。


FD3S アンフィニRX-7 マイナーチェンジ2nd

1995年3月発売〜

9503_p.gif


今回のマイナーチェンジにおいて、好評の特別仕様車「タイプRバサースト」を継続販売するのに加え、スポーツカーとしての走行性能を一段と向上させた上級機種を追加設定することで、シリーズ全体の商品魅力を高めた。


<機種体系と商品改良の概要>

・ 好評の特別仕様車「タイプRバサースト」を標準機種として設定。

・ 過去に台数限定で販売した「タイプRZ」の走行性能を一段と向上させ、
  標準機種として設定。

・ 「タイプR」の装備を大幅に充実させ、「タイプR-S」に機種名を変更。
 (17インチサイズの超偏平タイヤ、17インチアルミホイール、
  新デザインのリアスポイラー、MOMO製の本革ステアリングホイールを採用。)

・ AT車である「ツーリングX」と「ツーリングS」は、「ツーリングX」の
  装備と価格を見直すとともに「ツーリングX」に統一。
  これによりAT車は「ツーリングX」のみに。
  (新デザインのリアスポイラーを採用。
  本革シートをラックススエードシートに変更。)

FD3S アンフィニRX-7 TypeR バサースト

1995年2月発売〜

9502_p.gif


特別仕様車「アンフィニRX-7 TypeR バサースト」


「タイプRバサースト」は4シーターのタイプRをベース車とし、ベース車に装着しているスポイラー、アルミホイール、ストラットバーなどスポーツドライビングを楽しむための装備はそのままに、オーディオを未装着とするなど、一部装備について簡素化を図りながら、価格引き下げを行ったもの。

FD3S アンフィニRX-7 TypeR-2 バサースト

1994年9月発売〜

9409_p.gif



特別仕様車「アンフィニRX-7 TypeR2 バサースト」


1994年4月に豪州で行われた「バサースト12時間耐久レース」の3年連続優勝を記念した限定車。
限定台数350台。

<特別装備>

・ 2シーター仕様で走行性に重点を置いた「タイプR-2」をベースに
  優勝ロゴステッカーを装着しブルーペンガラスを採用したもの。


FD3S アンフィニRX-7 typeRZ 2nd

1993年10月発売〜

9310_p.gif




特別仕様車「アンフィニRX-7 タイプRZ/2ndバージョン」


RX-7発売15周年を記念して、「タイプR」を基に特別装備を装着し、よりダイレクトな操縦性能を実現させた高性能機種。
限定台数150台。

<特別装備>

 ・ 「タイプRZ」は、「タイプR」を基にビルシュタイン社製ダンパー
   高性能タイヤレカロ社製フルバケットシートなどの専用装備を施して、
   優れた高速安定性能、高速旋回性能を実現し、
   かつ最終減速比を4.100から4.300に変更して加速性能を向上した。
   変速機は手動5段のみで、オーディオはオプション。

 ・ 1992年10月に特別限定車として設定された「タイプRZ」
   の好評点はそのまま
に、2ndバージョンでは新たに操縦性能向上の
   ための以下の装備を採用した。

 ・ タイヤとホイールには、国産初の採用である17インチの
   偏平率40、45タイヤ(ブリヂストン社製エクスペディア
   S-07左右非対称パターン)
BBS社製
   のホイールを装着

   ダンパーなどの足回り部品を一層強化し、
   高速安定性能、高速旋回性能を高めたサスペンションを採用。

 ・ 外板色はブリリアントブラック1色のみ。

FD3S アンフィニRX-7 マイナーチェンジ

1993年8月発売〜

9308_p.gif



今回のマイナーチェンジでは、操縦安定性と乗り心地を向上。
また、新たに「タイプR-2」を設定。

操縦性・直進安定性の両立のため、サスペンションをさらに改良。
リア・クロスメンバーにトレーリングメンバーを追加し、
また前後のストラットタワーバーをリジッド化するなど、
ボディ剛性の向上とダンパーサイズの大型化などにより、走り強化と乗り心地を両立。
フォグランプを白色化し、光度アップを図る。


【スペック】

エンジン : 13B型<シーケンシャルツインターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 255ps / 6500rpm
最大トルク : 30.0kg-m / 5000rpm

全長(mm) 4280
全幅(mm) 1760
全高(mm) 1230
ホイールベース(mm) 2425
トレッド<前・後>(mm) 1460・1460
最小回転半径(m) 5.1
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン式
主ブレーキ  (前/後) ベンチレーティッドディスク

FD3S アンフィニRX-7 typeRZ 1st

1992年10月発売〜

9210_p.gif



特別仕様車「アンフィニ RX-7/タイプRZ1stバージョン」




現行のタイプRを基に、新開発の専用ダンパーやタイヤを装備して操縦性能を高め、かつ軽量化するなど、スポーツカーとして走りを熟成した新機種が「タイプRZ」。
限定台数300台。

<特別装備>

・ 大型ダンパー、専用ピレリー社製P-ZEROタイヤを採用。

・ 装備の変更などによる30kgもの軽量化、
  および最終減速比の変更によって加速性能を向上。

・ 内装は軽量化のため、2座席としたほか、
 レカロ社と共同開発した専用フルバケットシートを装備。
 センターコンソール側に加え、運転席のドア側にもニーパッドを装備し
 安定した運転姿勢を保持。

・ 変速機はマニュアル5段のみ。

FC3S サバンナRX-7ガブリオレ/ファイナル

1992年8月発売〜

9208_p.gif



特別仕様車「サバンナRX-7ガブリオレ/ファイナルバージョン」


本格オープン・スポーツカー「サバンナRX-7カブリオレ」のフィナーレを飾る記念モデル
これにより、「サバンナRX-7」の14年間、「サバンナRX-7カブリオレ」の5年間にわたる生産のフィナーレを飾ることになる。


<特別装備>

 ・ ベージュ色の電動トップ(ルーフ部および幌部)を採用。
  黒色(ブリリアントブラック)または濃い緑(シェイドグリーン)
  のボディカラーとあいまって、気品あるスタイルを実現。

 ・ ゴールドメッシュタイプのBBS社製アルミホイールを装着。

 ・ MOMO社製本革ステアリングホイールを採用。



【スペック】

エンジン : 13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 205ps / 6500rpm
最大トルク : 27.5kg-m / 3500rpm

全長(mm) 4335
全幅(mm) 1690
全高(mm) 1270
ホイールベース(mm) 2430
トレッド<前・後>(mm) 1450・1440
最小回転半径(m) 4.9
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) マルチリンク式(セミトレーリング)
主ブレーキ  (前) ベンチレーティッドディスク
主ブレーキ  (後) ベンチレーティッドディスク
タイヤ  (前/後) 205/60R15 89Hラジアル
ホイール (前/後) 6 1/2JJ×15アルミホイール

FD3S アンフィニRX-7

1991年12月〜

9112_p.gif




3代目のモデルとなる「アンフィニRX-7」は、世界に誇る第一級のスポーツカーの実現を目指して、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカー。

「オリジナリティの溢れた魅惑的なスタイリング」「人とクルマがひとつになって、走る喜びを増幅できるマン=マシンインターフェイスの実現」「'90年代のスポーツカーの規範となる圧倒的な運動性能」の3つの要件を軸に開発が進められた。


255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。

つねにニュートラルステアを保つ“4輪ダイナミックジオメトリーコントロールシステム”を採用。

サスペンションシステムは、優れた路面追随性と機敏かつリニアなハンドリング特性を実現する前後ダブルウィッシュボーン形式とし、同時に全てのアーム及びリンク類をアルミ化してバネ下重量を大幅に低減。

伝統のフロントミッドシップを基本とする前後重量配分50:50を実現。 徹底した軽量化の結晶であるパワーウェイトレシオ4.90kg/ps(タイプS・5MT)を達成。

ステアリングはラック&ピニオン式。RX-7専用に開発した大径225/50R16タイヤを採用。



【スペック】

エンジン : 13B型<シーケンシャルツインターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 255ps / 6500rpm
最大トルク : 30.0kg-m / 5000rpm


全長(mm) 4295
全幅(mm) 1760
全高(mm) 1230
ホイールベース(mm) 2425
トレッド<前・後>(mm) 1460・1460
最小回転半径(m) 5.1
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン式
主ブレーキ  (前/後) ベンチレーティッドディスク

FC3S サバンナRX-7アンフィニ4nd

1990年6月発売〜

9006_p.gif



特別仕様車「アンフィニRX-7/4thバージョン」


「サバンナRX-7 ∞」の4thバージョンは、現行のGT-Xに比較して、動力性能及び操縦安定性能を一層向上させたもの。
全国限定600台。


<特別装備>

・ LSD(リミテッドスリップデフ)に、“トルセン”デフを採用。

・ ∞(アンフィニ)専用仕様の左右非対称パターンの
  高性能タイヤ“P-ZERO”(205/55R16 88V)を装着。

・ 最高出力215ps、最大トルク28.0kg-mにエンジン性能を向上。

・ 従来の∞(アンフィニ)モデルに採用してきた
  BBS社製鍛造アルミホイール、ストラットバーなどは引き続き装備。

・ 2パターンのドライビングポジションが得られる
 (運転席)レーシングタイプのフルバケットシートを採用したほか、
  従来の∞(アンフィニ)モデルに採用していたニーパッドを装備。


FC3S サバンナRX-7アンフィニ3nd

1989年9月〜

8909_p.gif



特別仕様車「サバンナRX-7アンフィニ/3ndバージョン」


「サバンナRX-7 ∞」の3rdバージョンは、1989年4月に大幅なエンジンパワーアップと走行性能改善を図って発売したRX-7マイナーチェンジ車のGT-Xを基に、より一層走りの味、性能の向上を追求したもの。
全国限定600台。

<特別装備>
・ エンジンを最高出力215psにパワーアップ。最大トルクも28.0kg-mに向上。
ポテンザRE71(205/55R16 88V)、フロントストラットバーを装着するなど、走行性能を向上。
・ 専用バケットシート、本革MOMO社製ステアリング等装備を充実。



FC3S サバンナRX-7マイナーチェンジ

1989年4月発売〜

8904_p.gif


「走行性能と走りの感覚」の面で大幅な改良を図り、より一層魅力ある本格スポーツカーとしての熟成を図ったもの。


エンジンは完全独立ツインスクロール・ターボの採用や圧縮比のアップなどにより、最高出力を205ps(20ps向上)、最大トルクを27.5kg-m(2.5kg-m向上)にアップ。

前回のアンフィニタイプの高性能ダンパー(GT-R、GT-X、カブリオレ)を装着するとともに、スタビライザーのサスペンション接合をゴムのブッシュからボールジョイントに変更し、操縦安定性を改善しつつ乗り心地も改善。

外観上は、前後のソフトフェイシア、リアコンビランプのデザイン変更、ボディカラーと同色のプロテクターモールの採用などにより、スタイルの力強さを強調。


【スペック】

エンジン : 13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 205ps / 6500rpm
最大トルク : 27.5kg-m / 3500rpm

全長(mm) 4335
全幅(mm) 1690
全高(mm) 1270
ホイールベース(mm) 2430
トレッド<前・後>(mm) 1450・1440
最小回転半径(m) 4.9
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) マルチリンク式(セミトレーリング)
主ブレーキ  (前) ベンチレーティッドディスク
主ブレーキ  (後) ベンチレーティッドディスク



FS3S サバンナRX-7アンフィニ2nd

1988年1月発売〜

8801_p.gif



特別仕様車「サバンナRX-7アンフィニ/2ndバージョン」

1stバージョンの好評点を生かしながら、スポーツカーとして「より洗練された走りと装備の充実」を狙いに開発した「サバンナRX-7 ∞(アンフィニ)」の第2弾を発売。
全国限定300台


<特別装備>
・ 最終減速比を4.100から4.300に変更。

・ リアスポイラーを装備

・ 新色BODYカラーの追加、内装色をグレーから黒に変更するなど、
  内外装を一層充実させた。

FC3C サバンナRX-7ガブリオレ

1987年8月〜

8708_p.gif





ロータリーエンジン発売20周年を記念して、
2座席のフルオープンカー「サバンナRX-7カブリオレ」を追加発売。

「フルオープン」「ルーフレス」「クローズド」の3タイプのルーフ形状が可能な3ウェイトップの採用。

トップの開閉は操作の容易な電動式。

フルオープン走行時の室内への風の巻き込みを抑え、四季を通じて快適なオープン走行を実現する可倒式のエアロボードを採用。

後部にトランクルームを新設。


【スペック】

エンジン : 13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 185ps / 6500rpm
最大トルク : 25.0kg-m /3500rpm

全長(mm) 4310
全幅(mm) 1690
全高(mm) 1270
ホイールベース(mm) 2430
トレッド<前・後>(mm) 1450・1440
最小回転半径(m) 4.9
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) マルチリンク式(セミトレーリング)
主ブレーキ  (前) ベンチレーティッドディスク
主ブレーキ  (後) ベンチレーティッドディスク

FC3S サバンナRX-7アンフィニ

1986年9月〜

8608_p.gif



特別仕様車「アンフィニ/1stバージョン」



∞(アンフィニ=フランス語で無限大の意味)は、走りの味を追求した個性化機種。
「サバンナRX-7 ∞」は現行車を基に、さらに高度な走りを追求した特別仕様車。全国限定300台


<特別装備>

・ 軽量のBBS社製鍛造アルミホイール、専用に開発した特製ダンパーの採用。

・ アルミボンネット、非常用タイヤホイールのアルミホイール化
  などの採用による車両重量の軽減。

・ 2座席タイプ(2シーター)としたほか、専用シート、
  MOMO社製ステアリングホイールおよび
  シフトノブの採用など専用品の装備。

FC3S サバンナRX-7【スペシャルエディション】

1986年6月発売〜

8606_p.gif




最上級機種のGTリミテッドを基に、高級仕様を施した「GTリミテッド・スペシャルエディション」を追加設定。

本革製のステアリングホイール、シート、ドアトリムの採用。
ホールド性の高いハイバックシート、車室内のすぐれた音響特性を実現するCDプレーヤー&6スピーカーシステムなどの装備の充実。
4W−ABS、LSDを標準装備。


【スペック】

エンジン : 13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 185ps / 6500rpm
最大トルク : 25.0kg-m / 3500rpm


全長(mm) 4310
全幅(mm) 1690
全高(mm) 1270
ホイールベース(mm) 2430
トレッド<前・後>(mm) 1450・1440
最小回転半径(m) 4.9
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) マルチリンク式(セミトレーリング)
主ブレーキ  (前) ベンチレーティッドディスク
主ブレーキ  (後) ベンチレーティッドディスク

FC3S サバンナRX-7

1985年9月発売〜
8509_p.gif




サバンナRX-7をフルモデルチェンジ。
洗練された「スタイル」の実現と「走り」の充実を図るとともに、時代の要求に合わせて、「走り」と「快適性」を高度にバランスさせた本格スポーツカーをコンセプトに開発。
インタークーラー付13B型ロータリーターボを全車に採用。

トーコントロールハブ付マルチリンク式サスペンションを後輪に採用し、車軸の回頭性と安定性の両立を図る。


【スペック】


エンジン : 13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
最高出力 : 185ps / 6500rpm
最大トルク : 25.0kg-m / 3500rpm


全長(mm) 4310
全幅(mm) 1690
全高(mm) 1270
ホイールベース(mm) 2430
トレッド<前・後>(mm) 1450・1440
最小回転半径(m) 4.9
変速機 マニュアル5段/AT4段
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) マルチリンク式(セミトレーリング)
主ブレーキ  (前) ベンチレーティッドディスク
主ブレーキ  (後) ベンチレーティッドディスク

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。