初代RX-7【サバンナRX−7】

1978年3月 "サバンナ"の後継モデルとしてデビュー

【1978-1985】
サバンナRX-7は1978年3月に、従来のスペシャルティーカー"サバンナ"の後継モデルとして、10年に及ぶロータリーエンジン開発技術の枠を集めてデビューしました。軽量、高性能なロータリーエンジンの特徴を最大限にいかし、フロントミッドにコンパクトに搭載された改良型12Aエンジンは130psを発生、空気抵抗の少ないRX-7に「車を運転する楽しみの追求」という開発テーマ通りの抜群の動力性能を与えました。

また低く幅広いエアロダイナミックボディに調和した、リトラクタブルヘッドライトは、空気抵抗の減少とともに強烈な個性を生み出し、そのたぐいまれな運動性能とあいまって国内のみならず、 特にアメリカで強い支持を受け、一大ブームを巻き起こしました

RX-7は国内外の自動車専門誌が選出する数々の賞を受賞する一方、アメリカ・IMSAシリーズのレースで1980年の優勝を皮切りに8年連続してGTUクラスのマニュファクチャラーズチャンピ オンシップを獲得するなど、サーキットでも輝かしい戦績を残し、その優秀性を広くアピールしました。

1980年11月には車体重量の軽減や4輪ディスクブレーキの採用をはじめとする、車体関係の改良を中心としたマイナーチェンジを行い、さらに1982年3月には12A型エンジンを6ポートインダクションの新型RE6PIタイプに改良して総合性能を向上させるなど、RX-7はたゆまぬ進化を続け、その動力性能は1983年に誕生した12Aターボによる165psの心臓を手に入れてひとつの頂点を迎えました。




【参照】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。