サバンナ

1971年9月 スポーツサルーン“サバンナ"がデビュー

【1971-1977】
1971年9月、ロータリースペシャルティーというキャッチフレーズのもとに、スポーツサルーン“サバンナ"がデビューしました。10A型ロータリーエンジンを積み、ロングノーズショートデッキのプロポーションを持ったサバンナには、セダンタイプとクーペタイプのボディがあり、ワイドトレッドをいかして高い操縦安定性を誇りました。

モータースポーツでのニーズも多いサバンナには、用途別にステージ1からステージ3までのスポーツキットが用意され、多くのレースで活躍をすることになります。

また、1972年からはオートマチック車がラインアップに加わり、さらに同じ年、世界初のロータリーエンジン搭載ワゴン、“サバンナスポーツワゴン"も登場、そして9月には12A型エンジンと5速ミッションを搭載したGTが発表されて、サバンナシリーズはセダン4機種、クーペ6機種、そしてワゴン1機種の合計11機種もの豊富なバリエーションを持つに至りました。

特にサバンナスポーツワゴンは、ビジネスからレジャーにまで対応する高性能ワゴンとして、まったく新しい用途を切り開いた多用途車でした。

その後、1973年6月のマイナーチェンジを経てより安全性と低公害性が向上したサバンナは、さらに低公害性を追求したAPモデルを発表、ルーチェに続き低公害車に適用される優遇税制の資格を得ました。

1975年には低公害性に加えて実用燃費を約40%改善したロータリーエンジンREAPS-5が採用され、サバンナは高い総合性能と、低公害性をあわせ持ったモデルとなりました。




【参照】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。