世界初!量産ロータリーエンジン!

13Bロータリーターボ・エンジン

1985年デビューの2代目RX-7に搭載されていた13B型REは、マツダ独自開発のツインスクロールターボを採用。185PS という当時としてはトップレベルの出力と俊敏なレスポンスを実現していた。


1990年、マツダはロータリーエンジン開発初期から25年間も地道に研究開発を続行してきた3ローターエンジン、20B-REWを搭載したユーノスコスモを発売した。

2ローターエンジンはレシプロ6気筒に匹敵する滑らかな回転を誇るが、3ローターエンジンはV8を凌駕しV12エンジンに迫る滑らかさを備えている。しかし、マルチローターの量産化には困難な技術課題がいくつかあった。

ロータリーエンジンを直列マルチ化するためには、エキセントリックシャフトを継手による接合式にするか、あるいはローターの固定ギアのひとつを分割組み立て式にするかどちらかを選択する以外に方法がない。

マツダは、固定ギア分割方式はあまりにも構造が複雑になり量産に不向きと考え、1960年代の開発当初からエキセントリックシャフト接合方式を研究してきたが、継手方法が問題となっていた。しかし1980年代に、シャフトをテーパー継手で接合する技術を開発し、この問題を克服した。

この3ローターエンジンの開発にあたってはル・マン24時間レースを頂点とする国際スポーツカーレースへの参加など、性能と耐久性を実証するための広範囲な走行テストが展開されている。




【引用】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。