ツインターボとロータリー

ターボ・エンジンの弱点といわれるターボラグを解消すると同時に、低速での過給効果の不足を補うシステム。
排気をタービン内に導く通路を2分割し、低速/低負荷時にはその一方をバルブで閉じることで、通路を狭め、排気の流速を高めて、少ない排気流量でも高い過給効果が得られるようにしている。
1985年に発売を開始した2代目サバンナRX-7の13Bエンジンには、ターボロータリーのドライバビリティを向上させるために、「ターボラグ」の発生を抑えたツインスクロールターボを採用した。

ツインスクロールターボは、排気をタービンに導入する通路スクロールを2分割し、段階的に排気を通すことで、ひとつのターボチャージャーに可変ターボの性格を与え、低回転から高回転まで十分に対応していくシステムである。

ダイナミック過給さらに1989年には、より簡潔な機構のツイン・インデペンデントスクロールターボを開発。エンジン本体の改良とあいまって、よりめざましい低速トルクと、良好なレスポンスを達成し、ドライバビリティを大幅に向上した。

1983年以降、マツダ・ロータリーエンジンの電子制御式燃料噴射システムは、各ローター室あたり2本のインジェクターを採用している。高出力を得るためには噴射量の多い大径ノズルのインジェクターが最適であり、低回転時には燃焼を安定、および燃費を向上させるために、燃料を微粒化する性能に優れた小径ノズルが最適になる。

このように幅の広い燃料噴射制御に対応するために開発されたのがデュアルインジェクターである。

1990年に量産を開始した2ローター13B-REW3ローター20B-REWエンジンは、デュアルインジェクターを進化させたエアミクスチュアインジェクターを採用し、2倍以上の燃料微粒化を可能にした。




【引用】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。