フェニックス計画とは?

それまでREでは採用が難しいといわれていた触媒コンバーターを排ガス浄化装置に使うことで、薄い混合気のセッティングが可能になった。
1970年代の世界状況は、「オイルショック」と呼ばれる石油を武器にした国際政治の嵐が吹き荒れた時代であった。

中近東産油国の多くが石油の輸出制限を実施し、市場では石油が不足して価格が高騰した。

この時代を契機に自動車メーカーは、地球資源を大切にする高い燃費性能を持つ量産車の開発に取り組むことを余儀なくされた。

マツダとしては、一刻も早く高い燃費性能を持つロータリーエンジンを開発することが、ロータリーエンジンの存続を決定づけると認識。1年間の研究開発で燃費を20%向上し、最終的には40%の向上を実現するという目標を掲げた「フェニックス計画」をスタートさせた。

そして、エンジンの基礎的な改良、熱反応器方式の改善、キャブレターのリーンセッティングなどの技術開発に挑戦し、1年後には燃費性能の20%向上に成功。

さらに排気系を見直すとともに、熱交換器を組み込んで反応効率を高めるシステムを開発して、目標の40%向上を達成した。

フェニックス計画の成果は、1978年に発売したスポーツカー、サバンナRX-7(輸出名:マツダRX-7)に結実した。このクルマによってマツダは、ロータリーエンジンの理想が不滅であることを、高らかに宣言したのである。

その後、世界初のロータリーエンジン用触媒方式の開発に成功し、燃費性能をさらに向上した。エンジンの基礎的改良はもちろん、反応型排気マニホールド、高エネルギー点火装置、スプリット2次エアコントロール、2段式ペレット触媒システムといった新機構を次々開発。それらの技術を集合した希薄燃焼型ロータリーエンジンを市場に送り出した。



【引用】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。