低公害ロータリーの開発

【低公害車第1号ルーチェAP】
1973年に登場。低公害の13B型REを搭載し、当時、世界で最も清浄な排出ガスレベルを量産車で初めて達成。公害問題解決の要請にいち早く応えた。



1967年に2ローターエンジン、10Aの生産を開始したマツダは、このエンジンを少量生産のコスモスポーツだけでなく、翌1968年から大量生産を目的としたセダンとクーペにも搭載して、より多くのユーザーを獲得していった。

マツダは世界各国の市場の期待に応えてロータリーエンジン車を輸出することにした。アメリカ合衆国への輸出は、1970年6月より開始した。

アメリカ政府は世界で最も厳しい自動車排ガス規制を含むマスキー法の実施に向けて活動中であった。

マツダはロータリーエンジン開発初期段階の1966年から排ガス中の有害性を低減する技術開発に取り組んでいた。ロータリーエンジンは、レシプロエンジンと比較すると、NOx(窒素酸化物)の発生は少ないが、HC(炭化水素)を多く発生する傾向があった。

マスキー法が定める自動車排ガス基準を達成するために、マツダは、理想的な触媒方式の研究開発を推進し、一方で現実に対応するため熱反応器(サーマルリアクター)方式の開発に成功した。これは、排ガスをもう一度燃焼させHCを低減するシステムである。

熱反応器方式は、アメリカ合衆国へ輸出した最初のロータリーエンジン搭載車、R100(ファミリアロータリークーペ)から採用し、その時点の合衆国政府の基準に合格した。

その後、世界各国の自動車メーカーがマスキー法基準の早期達成は不可能だと表明するなか、合衆国政府主催の公聴会において、マツダのロータリーエンジンはマスキー法基準に合格することが可能であると答申した。

1973年2月、マツダのロータリーエンジンは、合衆国環境保護局のマスキー法テストに合格した。日本国内では1972年11月に、国内市場初の低公害車となったREAPS(ロータリーエンジン・アンチポリューション・システム)装着の量産車を発売した。



【引用】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。