チャーターマーク

【チャターマーク】

アペックスシールの不整振動によってトロコイドハウジング内側に刻まれる波状の傷痕。
初期のロータリーエンジンは、これが原因で耐久力が著しく低かった。
マツダは様々なアペックスシールの設計にトライしてこの問題を解決した。



1963年4月、マツダは決意も新たにロータリーエンジン研究部を設置した。
山本健一部長以下47名の技術者が、調査、設計、試験、材料研究の4部門にわかれて徹底した研究開発を開始した。研究部の獲得目標は、ひとえにロータリーエンジンの実用化、すなわち量産し市販することである。最大の技術的挑戦課題は、当時研究部で「悪魔の爪痕」と呼ばれたチャターマークの解消であった。

研究部はアペックスシールが自励振動することによってチャターマークが発生することをつきとめた。これを解決するためにクロスホロウ型シールを開発し、試作したロータリーエンジンはハウジングの耐久性を格段に向上させ、高速連続運転300時間を達成した。この技術は量産型ロータリーエンジンには採用されなかったが、アペックスシールの材質や構造の研究を大きく促進させるものであった。

また、ロータリーエンジンの初期開発では、エンジンオイルが燃焼室に漏れて燃え、猛烈な白煙を発する問題にも悩まされた。オイル消費量も異常に多く、量産化の大きな難関となった。原因はオイルシーリングの不備であった。

マツダは、日本ピストンリング社日本オイルシール社の協力を得て独自の技術開発を行い、革新的なオイルシールを完成しこの問題を克服した。


RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。