ロータリーの理想を求めて

【松田恒次社長(当時)】

マツダが4輪車メーカーへ成長しようとしていた1950年代、みずからNSUにロータリーエンジン開発の技術提携を申し込み、1961年に正式契約にこぎつけた。
1959年11月、西ドイツのNSUは、バンケル型ロータリーエンジンの完成を公式に発表した。NSUへは世界各国の約100社から技術提携の申し込みが殺到した。
このうち34社が日本の企業であった。マツダでは松田恒次社長みずからロータリーエンジンの理想と大いなる可能性を認識して、NSUへ技術提携を申し入れ、直接交渉を行った。

その結果、1961年7月にNSU社と正式調印にこぎつけ、日本政府の認可を得た。マツダは、ただちに第1次技術研修団NSUへ派遣し、社内に開発委員会を組織した。技術研修団は、NSU社の試作400ccシングルローターエンジンと設計図を入手し、同時に最大の技術的関門であるチャターマークの問題を認識した。

チャターマークとは、ローターハウジングの摺動面に発生する波状の異常摩耗のことで、ハウジングの耐久性を著しく低下させる痕跡である。当時、NSUでも解決ができていない難題であった。マツダはNSU製ロータリーエンジンのテストを継続するとともに、1961年11月に独自設計による試作ロータリーエンジンを完成した。しかし、どちらのエンジンにもチャターマークが発生した。この異常摩耗の問題を解決しない限り、ロータリーエンジンの実用化は不可能なことであった。


【引用】マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。