ロータリーエンジンの始まり

ロータリーエンジンの発明。それはフェリックス・バンケル少年の些細な夢が始まり。

1919年、バンケル青年はある夢をみる。
自作のクルマでコンサートに出かける夢。
会場に着くと友人に自慢げにこう言った。

「このエンジンは僕が発明した新型だ。タービンとレシプロの混血なんだ!」

朝、目覚めたるとそれは夢だった。

しかしこの夢が、新しいガソリンエンジンの誕生を予知するものだと本能的に確信した。
彼は内燃機関についての基礎的な知識すら学んだことはなかったが、タービンのように回転するエンジンが、吸気、圧縮、燃焼、排気の4サイクルを成立させると直観したのである。

この直観こそ16世紀から人類が、幾度も挑戦を続けてきた、連続回転内燃機関=ロータリーエンジンの発明を実現した。

理想的な原理で滑らかに回転し、技術的な合理性にかなったエンジン。

それがロータリーエンジンであった。

偶然にもたらされた夢と直観はその後のバンケルの人生を決定することになった。

1924年、22歳のバンケルは、ロータリーエンジン開発を目的とする小さな研究所を設立すると、研究開発に没頭した。
第2次世界大戦中は、ロータリーエンジンを実現すれば国益になると考えたドイツ航空省や大企業の支援を得て研究を続行することができた。
ロータリーエンジンの理想は国家や大企業を動かす力があった。

戦後、新たに工業技術研究所(TES)を設立したバンケルは、ロータリーエンジンとロータリーコンプレッサーの実用化に向けて、さらに研究開発を続けた。


【引用】 マツダHPより

RX7
RX-7 BATTLE HISTORY ロータリー・エンジン・ベスト・ピュア・スポーツカーの世界~ベストモータリングDVDプラチナシリーズvol.6プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 ロータリー47士の闘い~夢のエンジン・廃墟からの誕生~ベストモータリングDVD プラチナシリーズ vol.15 スカイラインvsロータリー 宿命のライバルたちのサーキット伝説ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1/24 マツダスピード RX-7 ブルー HW24004A1/18 MAZDA RX8 2003'( LIGHTING YELLOW )RH DRIVERRCS-21 MAZDA SPEED RX-8 Aspec1/24 マツダスピード RX-8 シルバー HW24013A1/24 ヴェルテックス RX-7 グリーン HW24006A1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24Sパッケージ/Ver.R No.60 MAZDA RX-7 マツダスピード Aスペック GT-C1/24 マツダスピード RX-7 シルバー HW24004C1/24 頭文字Dシリーズ FD-3S 1991 高橋啓介仕様
派遣 相談 歯科 クリニック派遣会社 登録 アデコ 登録 派遣スタッフ リクルートスタッフィング 登録 インテリジェンス 登録 リクナビ派遣 登録 派遣社員 医療事務 派遣トラブル 大阪城公園 ピアノ FF 第一種衛生管理者RX-8 犬のしつけ 大阪 レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。